5/6(金)からの待合室DVDのテーマは、慢性腎臓病について」になります。

慢性腎臓病
は、糖尿病・高血圧・高尿酸血症などの生活習慣病や喫煙と密接に関係するので、普段からのこれらの管理や禁煙が非常に重要になります。また慢性腎臓病があると心筋梗塞や脳卒中など心臓や脳血管病の発症のリスクが高まると言われています。さらに慢性腎臓病が進行し腎不全に至ると、体内から老廃物を除去できなくなり最終的には血液透析が必要になる事もあります。
腎臓に関する採血や尿検査は健診を受けられれば殆どのケースで実施していると思いますが、
健康な方でも年1回程度は健診を利用され採血や検尿でチェックされる事をお勧めします。

当院では、基礎疾患として
すでに心臓病や脳血管疾患の持病をお持ちの患者様の外来管理はもちろんですが、
高血圧・糖尿病・脂質異常・高尿酸血症など生活習慣病の普段の外来管理、禁煙外来、睡眠時無呼吸症候群の治療継続は、心臓や脳血管を守るためにも非常に重要と考え外来診療を行っています。

生活習慣病をお持ちの患者様には個々のお体の状態や併存する疾患も考慮に、健診以外にもご本人と相談の上個別で採血や検尿などの検査を行いながら全身状態を把握しつつ、必要に応じて普段のお薬の内容の見直しを行っています。また2型糖尿病の患者様の内服治療はもちろんですが、インスリンやGLP1受容体作動薬(トルリシティ・オゼンピック・ビクトーザ等)の皮下注射にも対応していますのでご相談下さい。

当院では5月から市の特定健診やがん検診も実施していますまた高血圧循環器病予防療養指導士や管理栄養士も在籍しておりますので、随時栄養指導や食事相談も行っています。「健診で(血圧が・脂質が・糖尿病が)引っかかってしまった」といったケースは非常に多いと思います。この機会を利用し早め早めの対策をみんなで一緒に考えていきましょう。