10/5(月)からの待合室DVDのテーマは、高血圧症」となります。
体を動かしたり寒さを感じたりしたときの一時的な血圧上昇とは違い、安静時でも慢性的に血圧が高い状態が続いていることを高血圧と言います。自覚症状がほとんどなく、放置すれば心疾患や脳卒中など生命を脅かす病気につながる「サイレント・キラー」で、糖尿病や脂質異常症とならぶ生活習慣病の代表格です。塩分の取り過ぎや肥満、ストレス、運動不足など生活習慣による要因、体質などの遺伝的要因のほか、腎臓疾患やホルモン異常などの病気によって引き起こされることもあり、高血圧症の患者は推定で約4300万人も存在すると言われています。
当院では持病として生活習慣病をお持ちの患者様には、個々のお体の状態や併存する疾患も考慮に健診以外にも個別で採血や検尿を行いながら状態把握に努め、必要に応じて普段のお薬の内容を見直し調整を行っております。
当院では12/29(火)まで市の特定健診やがん検診を実施しています。また管理栄養士も在籍しておりますので、随時栄養指導や食事相談も行っています。「健診で(血圧が・脂質が・糖尿病が)引っかかってしまった」といったケースは非常に多いと思います。この機会を利用し早め早めの対策をみんなで一緒に考えていきましょう。